前へ
次へ

法律が制定するために行われる手順

法律は人間が社会生活を円滑に行うために作られた規範であり、多くの場面で使われています。その中には何十年も前に制定されて今でも運用されているものもあれば、現在の状況に適さなくなったり利用価値が低いと判断されると、廃止されたり別の法律に内容を変化して組み込まれる場合もあるでしょう。この法律を作っているのは国会議員だけであり、他の地方議員が制定したものは条例という名称に変化します。国会議員は国会が開会している時に法案を提起して、その内容については参加している議員によって審議が行われ、そこで必要であると賛同を得ることができると一定期間を置いて施行されるという流れで使われることになっています。法律は実際の状況を国会議員が見た上で判断して法案を提出することになるため、実際に施工された時にはそれほど必要性がないというケースがあります。ただし、緊急性を要する時にはまずは国会審議を後回しにして内閣によって閣議決定を行い、施工後に国会の承認を得るという方法を用いる場合もあり、臨機応変に対応することが可能です。これは時間をかけてしまうと大きな混乱を起こすなどの特別な事情がある時だけであり、ほとんどは法案を提出して審議を行い、そこから多数決で賛同を得ても国民の認知度を高めるために一定の時間を設けるというのが一般的です。

Page Top