前へ
次へ

自転車も法律違反になる事があります

自転車は自動車よりも法律違反になるリスクが少ないイメージがありますが、実際には違反行為になってしまう事が多数存在します。歩行者の方にベルを必要以上に鳴らしたりする行為は違反になります。自転車のベルは危険を防止する為に存在するので、危険では無い状況でベルを鳴らして、歩行者を威嚇したりする行為は許されません。罰金が発生する事もありますから、ベルを鳴らすのは本当に危険な時だけに控えた方が安全です。犬を散歩する時等に自転車に乗った状態で散歩をする方は違反行為に該当します。犬の散歩をしながら、自転車を運転をする事は非常に危険な行為であり、犬が突然走り出した時等に、他の歩行者の方等に危害を与えてしまうリスクがあるので、法律で禁止されています。懲役や罰金が発生する可能性があるので、犬の散歩はしっかり歩行者として行う事が大切です。自転車を運転しながらスマートフォンを操作したりする行為も違反になります。自転車は教習上に通ったりする必要がないので、安易に使用する方が多いですが、自転車で走行しながら、スマートフォン等を操作する行為は非常に危険です。歩行者の方に衝突するリスクが高まりますし、注意が散漫になり、大事故が発生するキッカケを作ってしまうリスクもあります。自動車を運転している時もながら運転は罰則がありますが、自転車も同様にながら運転に罰則がある事を知っておいた方がいいです。雨の日等に傘をさした状態で自転車を運転する行為も違反行為になってしまいます。傘はスマートフォン等と異なり、操作等は基本的にしませんが、道路交通法で自転車走行時に視界が悪くなる物を手で持ったり担いだりする事が禁止されているので、ここに傘が該当してきます。雨の日に自転車を使用する場合は、雨合羽等を使用して傘の使用を避けた方がいいです。イヤホンやヘッドホンで音楽等を聞きながら自転車を運転するケースもありますが、地域によっては違反行為になります。各都道府県の条例によって摘発の判断が違うので、各自の都道府県でどの様な対応がされているのかをチェックした方が安心です。

経費を抑えるご提案を北海道よりお届け
お金に関する問題を解決してくれます。

翻訳事業部 英文契約書・契約書翻訳|東京のジェックス
有名な翻訳ビジネスの企業です。

外国人技能実習制度

Pマーク・ISO取得/更新を100%サポート|東京のコンサル株式会社ISOサポート
複雑な制度設計にも対応しています。

川越 弁護士

Page Top