前へ
次へ

改正労働者派遣法の法律の内容とは

法治国家では法律が非常に頼りになる存在ですが、労働者を守ってくれる法律も沢山あります。日本では働き方改革の流れとして、改正労働者派遣法が2020年4月に施行される事になりますが、正規社員と非正規雇用者の間に存在する待遇格差を改善する事を目的としています。非正規雇用者には派遣社員やパート等が該当してきますが、正規社員と同じ仕事をしているのであれば、非正規雇用者に対しても同等の待遇をする事が必要になります。元々派遣社員やパートのスタイルで働いている方と正規社員の間には差がありましたが、殆ど同じ仕事をしているのに差が発生するのはおかしいという至極当然の理由で法律が改正された流れです。待遇とは賃金に関係してきますから、非正規雇用者の所得が向上する事が期待されています。派遣先事業主は派遣元事業主に対して賃金等に関する情報を提供する必要がありますから、不正行為をする事はできなくなります。法律は労働者を守る為にも存在するので、世の中の不条理を正してくれます。

Page Top